想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妹のこと

すごーい。
こんなブログでも読みにきてくれる奇特な方がいるとは。
ちゃんとコツコツ書いてるとアクセス数が上がるもんですね!
約5倍になりましたよ!5倍!

2人が10人になりました(笑)

さてさて、気をよくしたので今日も書いちゃいますよ。日記。
全くノープランですが。

なに書こうかなー
最近、日記長すぎなんですよねー
長いとやっぱり読みたくないですもんねー
短めで、でも読む以上、何かしら印象に残るようなものを・・・。

うーん・・・ ムズっ!

そうだ。今日は、私の妹についてちょっと書きますね。
私には妹が2人いまして、私の2歳下と3歳下なんですが、2歳下のほうが「メグミ」といいまして、
10年くらい前、東京に住んでいたんです。

当時、22歳くらいでしょうか。
今、私がよくライブで見かけるアーティストさんが割とそのくらいの年齢だったりするんですが、
実はメグミも歌手を目指していた時期がありまして、確か3年くらい東京で頑張っていました。

最初は高校を卒業と同時に某韓国系大手お菓子メーカーに正社員として就職し、新宿の寮で生活
しながら当時の私より高い給料をもらっていたわけですが、アーティスト活動をするとなると
なかなか正社員では時間を作るのが難しく、ほどなくして退職・・・。

アーティスト活動を優先させつつ、地下鉄のアナウンスなどの「声」を使った仕事や居酒屋などの
深夜のバイトをいくつも掛け持ちし、千歳烏山の安いアパートに一人暮らししながらボイトレ代や
ダンスレッスン代にお金を回していたようです。

その頃の私は東京勤務ではなく新潟勤務だったので、稀な出張で妹の家に行くことはあっても
妹のライブ(男の子とユニット組んでたみたいです)は一度も観たことがりません。

でも、今、こうして都内のいろんなライブハウスに行ったり、当時の妹と同じくらいの年齢の
アーティストさんに会うと、ときどき、妹がこのライブハウスでお世話になったことがあるかも
しれないなーと思ったり、妹にもファンの人とかいたのかなーとか、色んなことを思います。

そんな妹は「夢敗れて」という表現が適切かはわかりませんが、たぶん十分挑戦し切ったんでしょう、
潔く、「愛する男性との幸せ」のために福島に嫁ぎました。
福島の中でもコンビニ一つない田舎の山の中で生活していますが、今は2児の母で、原発被害に
合いながらも、相変わらずたくましく生活しています。

わが妹ながら、彼女の行動力はほんとにすごいと感心することしきりですが、
私もこの東京で、何かしっかりとした「夢」を持って、頑張っていきたいですね。
  1. 2012/03/24(土) 02:17:38|
  2. 鼓太郎
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<TOWER OF MUSIC 公開収録 | ホーム | まだまだ続くよどこまでも。ライブもブログも続きます。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/317-930aa6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【妹のこと】

すごーい。こんなブログでも読みにきてくれる奇特な方がいるとは。ちゃんとコツコツ書いてるとアクセス数
  1. 2012/11/21(水) 08:01:10 |
  2. まっとめBLOG速報

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。