想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第7回にいがた総おどり手記 想う祭日 その7

第7回にいがた総おどり祭 初日のメインイベント「下駄総おどり行列」

新潟市一の繁華街「古町」から市役所前までの長い道のりを、約一時間半かけて踊り歩き、ゴール地点の市役所前ではさらに一時間にも渡って下駄の演舞が披露される。

古町8番町で行列がスタートしてまもなく、市役所前ではゲストチーム演舞が披露された。

P9131998.jpg

演舞曲目は「五大元素 火のおどり」
すながわ夷と須賀連による炎の舞。

昨年同様、特別な場所から撮影させてもらった私は、下駄行列の撮影準備をしながら、熱い演舞に視線を注ぐ。


そしていよいよ、待ちに待った下駄行列の先頭が市役所前に入ってくる。

樽砧、祭囃子、竿灯といった様々な要素が互いに融合し、会場の空気を形作っていく。

アスファルトに打ち鳴らされる小足駄の響き。

何百人もの踊り子が樽の軽快なリズムに合わせ、下駄を鳴り響かせて踊る。

P9132081.jpg

去年と同じ光景・・・

ではなかった。

P9132215.jpg

遠く、万代本部の方角から突然打ち上げられた花火。

後日談だが、このとき、万代駐車場警備をしていたスタッフは花火のことを知らされておらず、大爆発が起こったと思ってかなり驚いたらしい。

もちろん私自身も花火のことは知る由もなく、この壮大なスケールに、瞳孔が開きっぱなしでシャッターを切り続ける。

P9132293.jpg

P9132345.jpg

P9132352.jpg

P9132370.jpg

下駄おどりに新たに加わった「花形」の傘が、まるで漆黒の湖面に浮かぶ蓮の花のように白く花開き、上からでしか観ることのできない美しい眺めに酔いしれる。

P9132439.jpg

たくさんの観客、踊り子たちの拍手によって無事に締めくくられた「第7回にいがた総おどり」初日。
大きな充実感と満足感に包まれつつも、まだ初日が終わっただけにすぎない。

2日目、3日目と、もっと多くの感動と情熱を生み出すべく、祭りは今年も動き出した。
  1. 2008/11/01(土) 17:14:32|
  2. 総おどり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<管理人より | ホーム | 第7回にいがた総おどり手記 想う祭日 その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/285-51e06004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。