想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第7回にいがた総おどり手記 想う祭日 その6

この初日「想う祭日」の私の持ち場は、下駄総踊り行列が始まるまで、ずっと万代十字路。
実はこれ、結構珍しいことである。

例年だと、当日ボランティアの記録班も何人かいて、万代は基本的に当日ボランティアに任せていた。
これは、屋台や本部が万代にあるので、当日ボランティアがそこにいてくれると何かと都合がよかったため(自分の昼食休憩で万代に寄ったとき、様子が見れる)。
あとは、やっぱり万代以外の会場は移動の足が必要になるので、なかなか当日ボランティアの人たちには頼みづらいためだ。

しかし、今年は少数精鋭で望むと決めていたのと、当日の公式ホームページ更新の方針もあり、メイン会場である万代十字路の様子をしっかり伝える必要があったため、常にガッチリスタッフ2人体制でメイン会場を記録することになった。

14時からの演舞は「よさこい雅-Kurosaki-」から。

P9131331001.jpg

P9131332001.jpg

P9131333001.jpg

P9131684001.jpg

全チームが紹介できないのが残念だが、どのチームも気合いが入りまくっていて、初日の万代での演舞にかける意気込みが伝わってくる。


15時過ぎ。
この日、午前中に「書」の講座の仕事を終え、その足で山の下会場を経由し、万代本部テントに初めて姿を現したガッチリ記録班ケンコーさんを発見。

P9131755001.jpg

仕事の疲れを少しも見せず、右へ左へ飛び回る。こういう熱い人たちと共にスタッフとして祭り創りに関われるというのは、何と素晴らしいことだろう。

私の故郷「上越」のチーム「舞創流」

P9131785001.jpg

今年は新曲。新しい衣装。そして振り付けは響’のまーくん。
すごい。まーくんの新たな才能を見た気がした。

P9131831001.jpg

こちらは、今、私が密かに楽しみにしているチーム「IZANAI総踊り連」

東京のチームだが、そのメンバーの出身地は実に多彩。
そしてなんと言っても新潟出身が多く、「上越」出身も2名と、それだけでも応援したくなるチームである。
楽曲は、福島の「紅蓮」の楽曲「清め神楽」
観ていて、心臓が脈打つのが早くなるのを感じる。
心が踊っているのか?
とにかく、伝わってくる何かがある。

P9131830001.jpg

P9131856001.jpg

P9131903001.jpg

P9131935001.jpg

よさこい、IZANAIのみならず、多彩なジャンルの踊りが繰り広げられるこのお祭り。
初日の万代会場のトリを飾るのは、東京の「R-TASTe」

P9131936001.jpg

人気、実力共にトリに相応しいこのチームがにいがた総おどり祭で披露したのは、なんと新曲。
ミュージカル調の独特の雰囲気。
会場全体が瞬く間に「R-TASTe」の世界に包まれていく。
濃密で、でもあっという間の演舞。
「新境地」を予感させる演舞への惜しみない拍手が鳴り終わる頃、万代会場は撤収を開始。

P9131974001.jpg

舞台は古町・市役所前へ。
いよいよメインイベント「下駄総おどり行列」が始まる。
  1. 2008/10/06(月) 00:56:55|
  2. 総おどり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第7回にいがた総おどり手記 想う祭日 その7 | ホーム | 第7回にいがた総おどり手記 想う祭日 その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/284-7fa0bcc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。