想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新潟 奇跡の3日間

P9157041.jpg

遅ればせながら、第7回にいがた総おどり、無事に開催終了いたしました。
お祭りを応援してくれた皆様、参加してくれた皆様、支えてくれた皆様
すべての皆様に、感謝いたします。

本当にありがとうざいました。

今年も奇跡の3日間は確実に、そこに存在していました。
桟敷席から万代2階の通路を眺め、5年前、私はあそこからこの総おどりの情景を眺め、心を揺さぶられたのだということを思い返していました。

これからも 世代を越えて受け継がれていくべき 心踊る祭り。
新潟の誇りと独自性、熱き魂の叫びを、今年も感じることができました。

何千、何万もの人々が、心から喜び、幸せそうな表情を浮かべ、
笑い、叫び、涙する。

踊り子も、スタッフも、お客様も・・・。
すべて繋がっているんですね。

新潟は熱いです!

祭りの様子は後ほど手記にて。

  1. 2008/09/19(金) 02:06:41|
  2. 総おどり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第7回にいがた総おどり手記 想う祭日 その1 | ホーム | IZANAI総おどりin舞鶴日記2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/279-b6f1f5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。