想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第4回いずみ りん・しゃん祭り 本祭

7月15日(日)
第4回いずみ りん・しゃん祭り 本祭

奇跡的な晴天!!

・・・とはいかず、よりによって台風がやってきました・・・・。
りん・しゃん祭りが毎年行われている「いずみの里」の特設会場は、何ヶ月も前から準備してきたスタッフの願いも空しく、風雨によって壊されてしまいました。
いずみの里がそんなことになっているとは全く知らない私。
徹夜で眠い目をこすりながら会場に向かう車中で、「強風につき、いずみの里での演舞は中止」との連絡を受けました。

会場には、すでに集まった踊り子さんたちがいます。
五泉には、遠く香川からやって来たゲストチームの須賀連がいます。
今、まさに会場に向かっているチームさんたちがいます。
周りを見渡せば、泊り込みでお手伝いをした踊り子さんたちがいます。
この祭りのために、ずっと前から準備してきたスタッフたちがいます。
そして、誰よりもこの祭りを楽しみにしている「いずみの里」の人たちがいます。

少なくとも、この人たちがいれば祭りはできる。

たとえいずみの里でできなくとも、
たとえお客さんがいなくとも、
たとえ予定されていた回数の演舞ができなくとも、
たとえスケジュール調整や準備等からやり直しになろうとも、

みんなで『笑顔の花を咲かせよう』

そんな言葉が交わされたのかどうかはわかりませんが、
第4回いずみ りん・しゃん祭り
会場を五泉市総合会館中ホールに移し、なんとか開催されました。

突然の変更にもかかわらず、開始時間の遅れはわずか1時間。
スタッフの迅速な判断と的確な動き。
我々ガッチリも身が引き締まる思いです。

急遽作られた手書きのスケジュールが貼り出され、いよいよ祭りの始まり。

りん・しゃん祭りは、みんなに笑顔になってもらうため、通常の演舞以外にたくさんのアトラクションが用意されています。

この日、最初のアトラクションは「パン食い競争」

070723P7151539.jpg

ほかにも、「借り物競争」や毎年恒例の仮装パフォーマンスなど、ほかのお祭りにはなかなかないような催しが盛りだくさん。
子どもたちの笑顔がとても輝いていました。

070723P7152123.jpg

070723P7152451.jpg

070723P7152486.jpg


また、個人的には、参加予定ではなかった「遊和」がほかのイベントが中止になったのに伴い、駆けつけてくれたのが嬉しかったです。

070723P7151540.jpg

当初、2会場予定されていたのが1会場になったため、各チームの演舞回数は減りました。
ですが、そのこともあってか、踊れる踊れないに関わらず、飛び込み参加を募るチームさんがたくさんいて、どの演舞もみんなで楽しく踊る姿が印象的でした。

070723P7151541.jpg

070723P7151714.jpg

070723P7151716.jpg

会場も1つになったことにより、すべての踊り子・お客さんが1つの演舞を集中して観る形となり、北海道のThe祭のような一体感と和やかな空気を感じました。

070723P7152253.jpg

070723P7152327.jpg

070723P7152328.jpg

070723P7152421.jpg

「怪我の功名」という言葉が適切かはわかりませんが、今年のりん・しゃん祭りは、去年以上にあたたかく、よいお祭りだったように思います。

チーム演舞のトリは前夜祭に続き「須賀連」の「アマテル」

屋内照明は肉眼以上に暗く、ピントが合いづらい&高感度が要求されます。
シビアな条件での撮影でしたが、後半はだんだん慣れてきて、おもしろいようにピントが合い、自分でもびっくり。

070723P7152487.jpg

070723P7152488.jpg

070723P7152696.jpg

070723P7152697.jpg

迫力ある演舞を瞳孔まで見える距離までレンズで捉え、終始興奮状態でシャッターを切り続けました。

ラストは下駄総踊りと「にいがた総おどり05’神楽」

070723P7152698.jpg

070723P7152699.jpg

070723P7152700.jpg

05’神楽は私も一緒に踊ったので写真はありません(笑)

演舞後、事務局のゆたかくんに、「こたちゃん、楽しそうだったね」と言われました。

うん。やっぱり踊るのって楽しいですよね。

自分も踊ることで、撮る写真は変わると思います。

最後はみんなで手をつなぎ、輪になりました。

070723P7152869.jpg

私はそのときも写真を撮っていました。
でも内心、輪に加わりたかった・・・それが顔にでていたのでしょう。
響’のナギちゃんがわざわざ隣の子の手を離して、私を輪の中へ迎え入れてくれました。

なんて優しいんだー(涙)
ナギちゃんの手も、心もあたたかかったです。

帰り際、踊り子のみんなと話したり、響’のみんなに混ざってりん・しゃんスタッフの方々にお礼を言ったり、駐車場でひとみっこさんに誕生日おめでとうを言ったらハザードランプで返してくれたり、そんな何気ない時間もとても楽しい時間でした。

第4回いずみ りん・しゃん祭り

何事もなく・・はないけど(苦笑)、大!?成功!おめでとう!
次は節目の第5回。
次こそは晴天の青空の下、いずみの里のあのグラウンドの真ん中で、笑顔の花を咲かせたいですね。

070723P7152329.jpg

070723P7152330.jpg

最後に、祭りの準備、運営、翌日の撤収作業に関わった踊り子、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。今年も素敵なお祭りをありがとうございました。また、会場で出会えたみんな、素晴らしい演舞を観せてくれたみんな、ありがとう。

070723P7152131.jpg

070723P7152200.jpg

また次のイベントでお会いしましょう(笑)
  1. 2007/07/23(月) 20:55:44|
  2. 総おどり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<忘れてたー!! | ホーム | 第4回いずみ りん・しゃん祭り 前夜祭>>

コメント

りん・しゃんの時なっこさんより年上だと思われた遊和のayakaといいます(^o^)
りん・しゃんで踊ることが出来た事、こたさんのように応援してくれる方がいてくださる事、本当に嬉しいです!
いつもいつもありがとうございます!!
これからもよろしくお願いしますo(^^)o
  1. 2007/07/25(水) 10:40:10 |
  2. URL |
  3. ayaka #-
  4. [ 編集]

ayakaちゃん>
りん・しゃん、ゼブラ、だし風おつかれさま!
いつも、いつまでも遊和を応援していますよ♪
年齢のときは、失礼しました。
なっこもだけど、大人顔だよね(笑)
もちろん、よい意味でです!
こちらこそ、これからもヨロシク☆

・・・ところで、実はmixiにいたりする??笑
  1. 2007/08/01(水) 18:37:28 |
  2. URL |
  3. kotaro #NkOZRVVI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/242-d7d9cd2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。