想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

※手記1※第3回祭天 前夜祭編

福島県須賀川市に誕生し、今年で3回目を迎える『祭天 SAI-TEN』
ホストチーム遊舞炎舞が中心となって運営するこの祭りのスタッフに、昨年に引き続いて私も加えてもらえることとなった。

昨年は前夜祭がちょうど妹の結婚式と重なり、参加することはできなかったが、妹の嫁ぎ先が須賀川市のすぐ隣に位置する郡山市だったため、交流会や本祭は幸いにも参加することができた。
また、妹夫婦のおかげで郡山での寝床も確保でき、今年は気合十分、前夜祭からの参加である。

今年の日程は、前夜祭が5月26日(土)、本祭が5月27日(日)の2日間。

前夜祭での演舞開始は、ナスカによるオープニング後の18時から。
ムスヒ合同演舞にはじまり、新潟の響’連、北海道のすながわ夷、ホストチームの遊舞炎舞、山口の錦よさこい連螢など、豪華な顔ぶれによる演舞が立て続けに繰り広げられる。

0705265269444.jpg

0705265269445.jpg


響’連は、今年は前夜祭からの参加で、明日の本祭合流組を抜きにしてもかなりの大人数での参加。隣県ということもあるが、この祭りに対する踊り子たちの気合や期待が十分に伝わってくる。

0705265269570.jpg

遊舞炎舞は、新曲、新衣装での登場。
祭天開催の喜びを胸に、感謝の気持ちを精一杯の踊りで表現していたように感じた。

0705265269622.jpg

そして、遠く北海道と山口から駆けつけてくれた夷と螢。
昨年11月に山口県で行われた「にしきふるさとまつり『06 よっちょれ!よさこい』」以来の再会と、久しぶりに観る「天地の大和」、「天地の大光」に、おのずとテンションが上がる。

0705265269699.jpg

0705265269761.jpg

螢、響’、夷といえば、もちろん「三つ巴」

0705265269851.jpg

3色入り乱れての「天地の天照」はやはり美しい。

総踊り前のトリを飾ったのは、須賀連の新曲「アマテル」
私にとっては、新潟市の政令市記念イベント「春、祝祭(春の総おどり)」以来、実に2度目のアマテルである。

0705265269852.jpg

0705265269853.jpg

0705265269854.jpg

さすがに新潟で観たときよりは落ち着いて観ることができたが、観れば観るほど、知れば知るほど奥深い。
少なくとも、アマテルを観て、これを「よさこい」だという者はいないであろう。

0705265269855.jpg

これが、IZANAI・・・
IZANAIワールドというものなのか・・・

ただただすごいとしか言いようがない。

前夜祭ラストの総おどりは、待望の祭天オリジナル総踊り「天晴れ」初披露。

0705265269856.jpg

0705265269857.jpg

0705265269858.jpg

前夜祭から大盛り上がりで、周りを見渡すとたくさんの笑顔が溢れる。

祭り終了後はお馴染みの交流会。

実はどの祭りに行っても個人的に楽しみにしているのが交流会。

色んな人とゆっくりお話ができて、距離が近くなっていくのがわかるし、大好きな仲間たちと同じ時間に同じ所にいるというだけで、なんだか嬉しい気持ちになる。

明日はいよいよ本祭。

祭天まつりだ!天祭り!

よい天気でありますように。
  1. 2007/05/30(水) 02:20:12|
  2. 総おどり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<※手記2※第3回祭天 本祭編(その1) | ホーム | ☆寺泊☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/226-edf57708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。