想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

※手記2※第5回にいがた総おどり祭 前夜祭「想う祭日」前編

IMG_2249.jpg

いよいよ祭りがはじまった。

今年の記録班(静止画部隊)は意外に多い。
一時は人手不足でどうなることかと思ったが、祭り一週間前の当日ボランティア説明会で3人の若者が加わり、前夜祭の撮影は7人体制で行えることになった。
ちなみに、万代や東堀でスタッフTシャツを着て写真を撮っている人がたくさんいるが、その方々は協賛のフジカラーさんで、我々のような記録班ではない。

フジカラーさんは演舞や集合写真をメインで撮影するが、我々は企画モノや会場の様子などをメインで撮影している。もちろん、演舞もたくさん撮るものの、ポジションとしてはやや控えめなところからで、客席からとあまり変わらない。祭りにせよ、ブライダルスナップにせよ、いいポジションというのはそうたくさんあるわけではないし、脚立を立ててそこに常駐することは、移動の多い記録班には無理なので、どうしてもポジションは取りづらくなる。

ただ、実行委員会が自由に使用できる写真というのは、いわば我々記録班が撮影したものだけになるので、公式ホームページやパンフレット、各種広報物などに使用しても恥ずかしくない、ドラマティックな写真もある程度は求められる。その辺のバランス調整を昨年はうまくコントロールできなかったので、今年は色々と試しながら、今後の撮影方法を模索するつもりだ。

メイン会場である万代十字路で10時のオープニングを迎え、一通りの撮影をした後、私はもうひとつのメイン会場である東堀前通り7番町会場へ移動した。

P9160881.jpg

そこでは、生き生きと働く当日ボランティアスタッフの姿が、どこにいても視界に入ってきた。

P9160924.jpg

P9160964.jpg

時折、小雨に降られたりはしたものの、大降りになることはなく、撮影に支障がでなかったのが幸いだった。
また、ほかの記録スタッフ2名に機材を貸していたので、その意味でも安心した。

IMG_2324.jpg

P9161001.jpg



東堀の次は再び万代十字路に戻り、ホストチームの「響’連」や和歌山からのゲストチーム「紀道」の演舞を撮影したり、昼食をとったりした。
下駄踊りの衣装に身を包み、天の手振りを彷彿とさせる滑らかな動きと躍動感ある舞いを披露した「紀道」

IMG_2593.jpg

P9161066.jpg

金色の獅子の如く輝く「響’連」の迫力ある演舞「天地の大愛」

P9161072.jpg

どちらも鳥肌ものの存在感だった。
昼食は、屋台のカレー。やや辛いが、味はよかった。
でもサークルKの弁当にも正直惹かれた。
いままで相当食べてるけど(苦笑)

万代十字路を出ると、今度はこんぴら通り会場へ。

P9162871.jpg

P9161105.jpg

独特の細長い道路。この会場は全会場中、一番、踊り子と観客との距離が近い。
ここでは、久しぶりに飛沫の渡辺先生にお会いした。

P9162931.jpg

次の会場は少々遠く、自転車移動の私にはいい運動になる山ノ下会場。
今年は昨年よりも大きなスピーカーを設置するなど、回を重ねるごとにどんどんと盛り上がりを見せてきている会場である。
この会場は両サイドがほぼすべて観客で埋め尽くされており、横からの撮影はかなり気を遣う。
最初はサイドから遠慮がちに撮影していたが、それでもお客様の機嫌を損ねたようで、仕方なく爆音スピーカーの前へ。
真正面なので、ポジションは悪くはないが、何しろこの音量・・・耳と心臓にあまりよくない。
来年は耳栓を常備しておいたほうがよさそうだ。

P9162959.jpg

P9163045.jpg

P9163114.jpg

P9163188.jpg

P9163464.jpg

真正面のいいところは、やはり目線を貰いやすいこと。
逆によくないところは、誰が撮っても似たような構図になりやすいところである。

山ノ下での撮影を終えて一旦万代に戻り、古町通りに向かう準備をする。

いよいよ前夜祭の大イベント「下駄総踊り行列」のはじまりである。
  1. 2006/09/21(木) 02:33:59|
  2. 総おどり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<※手記3※第5回にいがた総おどり祭 前夜祭「想う祭日」後編 | ホーム | ※手記1※第5回にいがた総おどり祭 開祭前夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/180-66cd3caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。