想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブライダル・スナップ

今日は、写真関連事業の大手F社の方々と打ち合わせというか顔合わせをしてきました。
よさこいの写真やら妹の結婚式の写真やらを見てもらったんですが、もし私で力になれるのなら、ブライダル・スナップの仕事をやらせてもらおうと思い、色々とこちらの情報を伝えてきたわけです。

実は、私はお金を取って写真を撮ったことがありません。

この仕事が決まれば初のプロ(?)仕事になるわけですが、お金を取る以上、総おどり祭でやってしまったようなデータ消去のミスはもってのほかですし、新郎新婦にとって一生で一番大切な時間なので、緊張します。

でも、どうしてこの話がきたときに引き受けようと思ったかというと、やはり実家が写真屋ということがあるでしょうね。
今は両親が健在で夫婦仲良く自営業を営んでいるのですが、いつどちらかが倒れるかもわからない。
片親だけでもう片親の面倒を見たり、店を開き続けることはまず無理だと思います。
また、私自身、この先10年、20年と考えたときに、今の会社が定年まで私を雇うかはもちろんわかりませんし、教育事業という不況の影響を受けにくい職種ではあるものの、私のようなコンピューター系の人間は、あるとき突然、不利な雇用形態を突きつけられないとも限りません。

会社と対等の立場でなくなったとき、それから次を考えるのでは遅いわけです。

今から自分の可能性を模索し、足元を固めていかなければということで、ここ最近になって「写真」と「自炊」の2つを、意図的に生活の中に取り入れています。

本来、うちの会社は副業禁止なので、あまり公にできませんが、ブライダル・スナップの仕事はほとんど土曜日で、平日に影響はありませんし、会社に迷惑をかけるほどの比重ではないと考えています。

また、結局、自分は自分で守らないといけません。
会社の言いなりになっていても、会社はいつでも守ってくれると思ったら大間違いです。

「生涯学習」を謳う企業の一社会人より。
  1. 2005/02/27(日) 23:02:25|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賞味期限 | ホーム | 自社の発展≠他社の衰退>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/14-76c98ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。