想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うまい話には・・・

先日、知り合いが、写真集出版の話をしてきました。

なんでも、コンテストで応募した写真が有名カメラマンの目に留まり、入賞は逃したものの、このままではもったいなので共同出版で写真集を出してみないか?と言われたらしいのです。
ただ、金銭的に厳しいので、諦めたようでした。

この話を聞いたとき、特殊とはいえ一応出版業界に身を置く私は、なんだかうますぎる話だなーと思いましたが、出版社の名前だけ聞いて、「いいですねー」「まあ、しょうがないですよね。」とだけ言い、帰宅しました。


しばらくして、家のPCでmixiを見ていたら、参加していたコミュニティの新着記事にタイムリーな内容が!!

出版社名はうる覚えでしたが、話の内容からしても、どうも詐欺まがいの内容だと判明。
(検索サイトで、「似非 自費出版」のキーワードで検索してみると色々な情報を得ることができます。)

写真を撮っている人は誰しも少なからず出版願望があるということにつけ込み、巧みに共同出版の話を持ちかけるという新手の商売が流行しているようなのです。

その際、相手をその気にさせるために写真を褒めるものの、共同出版という形に持ち込むために、入賞はさせず、あと一歩という評価にすることが多いようです。

そしてその出版社は、その本が売れるかどうかはどうでもよく、本を作ることで多額の利益を得ているようなのです。

写真を撮る者として、また、同じ出版を職業としている者として、このようなことで利益を得ている人たちがいることに怒りを感じますね。

カメラマンや物書きを目指す皆さん、このような話にはくれぐれもご用心を。
  1. 2006/05/07(日) 02:18:28|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なつかし写真 | ホーム | 万代シティGWフェスタ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosakoi.blog4.fc2.com/tb.php/126-19f88f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。