想刻 -DIARY-

「にいがた総おどり祭」の魅力にとりつかれた、鼓太郎という男のボランティアスタッフ「ガッチリ」記録班としての日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

※手記5※かすや再び編

14時頃、三つ巴の踊り子たちを乗せたバスは、かすやドーム前に到着した。
「yosakoiかすや祭り」2日目は、初日の「かすやドームメイン会場」、「交流広場会場」に加え、「トリアス会場」の3会場で行われる。

私が同行している響’連は「トリアス会場」の演舞がないため、私も立ち寄ることはなかった。

15時32分予定の響’連の演舞を撮影するため、交流広場でスタンバイ。
今年のかすや祭りは、ふくこいと開催日程が被ってしまい、初日の観客数こそやや少ない印象だったが、今日は大盛況。

061008085597.jpg

061008080962.jpg

061008085633.jpg

061008085647.jpg

スタッフとしての撮影ではないので、心置きなく客席で椅子に座りながら撮影でき、足腰の疲れもさほどなく、終始リラックスしたまま撮影できた。

交流広場では、昨日見ることができなかった「我白天晴」の演舞が始まる。
のりのりさんを発見したので、彼を中心にビデオカメラをセットし、撮影開始。
今年の新曲 夜桜・『咲夜浮雪』

061008085723.jpg

061008085734.jpg

す・・・すごい!!
一人ひとりのレベルの高さもさることながら、HIPHOPの要素も盛り込まれた難しい楽曲と高いパフォーマンス。
さすがは我白といった感じだ。

061008085810.jpg

061008081051.jpg

その後、螢や社中の演舞を撮影していると、隣にビデオカメラを持った男性が・・・。
タ・・・タローさん?
すごい・・・。単独行動でのふくこい、かすやの往復。
その熱意に脱帽である。

061008085908.jpg

061008085916.jpg

社中の「風の華舞」が終わると、次は響’連の「天地の大愛」だ。
後ろのほうで踊る新大1年生組の頑張りが印象的だった。

061008081072.jpg

ビデオカメラのバッテリー残量がだいぶ少なくなり、バッグ内の予備バッテリーを探すも、あるはずの予備が見つからず、動揺。
結局何度探しても見つからず、この後のかすやドームメイン会場の演舞撮影は厳しいことを覚悟する。
[※手記5※かすや再び編]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/10/27(金) 23:13:43|
  2. よさこい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

鼓太郎

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。